顔の非対称について


鏡を見たときに顔が非対称に感じる人は多いのではないでしょうか。

顔の非対称チェック


顔の非対称が生じているの否かを確認するときには、鏡を用意して顔の正面全てが見える位置にセットします。
最初に両瞳孔を結んだ線を想定し、次に左右の口角を結んだ線を想定します。この2つの線が並行になっている場合は問題ありませんが、並行ではない場合には顔の非対称が生じていることになります。
顔に歪みが生じている状態で上顎に対して下顎がずれている状態です。
正面から見たときに、右顎の長さと左顎の長さが違って見えるこれが顔の非対称です。

上顎と下顎は結合していないわけですが、顎関節と呼ぶ蝶番のようなもので両者は繋がっています。顎関節は、顔の歪みに係る重大なポイントになる部位で、他の関節と同じくその部分での回転運動が起きることはありません。仮に、顎関節が回転運動を起こしてしまえば口を大きく開いたときには下顎が後方に移動してしまって下顎についている舌なども後退することになります。これを回避する目的で関節頭は前下方に回転して移動する、実に複雑な動作をするのが特徴です。なお、顔の非対称の治療法は顎関節の状態を元に近い状態に戻す方法があります。

顔の非対称でお悩みの方は当院にお任せください


当院の小顔矯正は専門スタッフがお客様の状態に適した施術を行っております。
安心・安全で、痛みも全くない施術ですのでリラックスして受けて頂けます。
お顔のお悩みやご不安など、気になることは何でもご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m