産後腰痛について

妊娠期間を終え、無事に赤ちゃんを出産し、育児をする女性の中には「出産したら腰痛がひどくなった」という人も多いのではないでしょうか。

産後は家事・育児で疲れがたまりやすい上、さらに腰痛があるとつらいものです。どのような原因で腰痛が起こるのか考えてみましょう。

産後腰痛の原因

原因には人によって様々ですが、おもに3つの要因があります。

女性ホルモンの変化

妊娠中は出産に備えて骨盤を広げるため、リラキシンという女性ホルモンが大量に分泌されます。これにより子宮周辺の靭帯が緩み、赤ちゃんが無事に産道を通り抜けられるようになりますが、同時に骨盤の歪みを引き起こす原因となります。

骨盤には、重要な内臓を保護すること、上半身を支えて下肢に荷重を分散させるという役割があります。そのため、リラキシンの影響で骨盤の歪みが発生すると、上手く体重を支えることが難しくなり、腰に負担がかかってしまうことで痛みが発生してしまいます。

腹筋のゆるみ

妊娠中はお腹が大きくなると同時に、腹部の筋肉が引き延ばされます。ゆるんだ腹筋は筋力が低下しているため、そのままにしておくと腰痛だけではなく、お腹がぽっこり出てしまうことにも繋がります。

育児による腰への負荷

赤ちゃんに授乳や抱っこをするとき、無意識に前傾姿勢になってしまいがちです。そのため、体はバランスをとろうと腰を反らしてしまい、負担がかかってしまいます。

それに加え、授乳に慣れない時期は、同じ姿勢を長く続けてしまいやすいため、腰の痛みを引き起こす原因となるのです。

産後の腰痛には骨盤矯正がおすすめです

骨盤矯正は、骨盤の歪みや腰痛の改善だけではなく、むくみの解消や妊娠中に増えた体重がスッキリ落ちやすくなる体づくりにも役立ちます。

いっきゅう鍼灸整骨院 西宮院では、お子様連れでも安心してお越しいただけるよう、ベビーカーを押したまま来院いただくことができ、個室スペースも完備しておりますのでご安心ください。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m