脊柱管狭窄症について

人間は年齢とともに、様々な病気になる可能性があります。高齢になると悩ませられる病気の1つが、脊柱管狭窄症と呼ばれる病気です。

脊柱管狭窄症の原因

この病気の原因は主に加齢です。多くの場合若いうちから重たいものを反復して持ち上げたことによる痛みと言われています。もちろん全ての人が、重たいものを持ち上げてこのような症状になるわけではありません。しかし、姿勢の悪い状態で反復して持ち上げると、背骨のあたりに痛みが生じることがあるわけです。腰を曲げて重たいものを持つときには、長年の蓄積により大きな痛みが生じることを意識しておけば予防になるかもしれません。

脊柱管狭窄症の症状

歩行時にだんだんと腰が反ってくることで、狭くなっている脊柱管が余計に狭くなり、圧迫された結果太ももからひざ下にかけて痛みやしびれなどの症状が出てきます。一旦歩けなくなっても、しばらく休むとまた歩けるようになるのも特徴です。症状を放置し悪化すると、身体を横にして背中を丸めないと眠れなくなったり、排尿や排便障害を引き起こすことがあります。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

当院では痛みや不調が出ている場所だけではなく、お身体全体のバランスを診てお一人おひとりに合わせた施術を行います。辛い痛みは我慢せず、いっきゅう鍼灸整骨院にご相談ください。当院のスタッフが長年の施術経験と知識に基づいて症状を改善いたします。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m