ドッケル病(デッケルバン)について

ドッケル病(デッケルバン)

  • 親指を動かすと痛い
  • 親指周辺が腫れている

ドッケル病(デッケルバン)とは?

「ドッケル病」や「デッケルバン病」などとよばれるこの病気は、腱鞘炎の一つです。

親指を伸ばす働きをする二つの腱が通る、腱鞘とよばれるトンネルのような形をした場所に炎症を起こし、親指周辺に痛みや腫れ、不快感があらわれるものとされています。

耳慣れない病名であるこの病気には、どのような原因があるのでしょうか。

ドッケル病の原因

ドッケル病の原因は、主に上記のものが考えられます。

原因や症状には個人差がありますが、男性よりも女性に多い病気といわれ、その背景には妊娠・出産や更年期などホルモンバランスが大きく乱れる時期に発症しやすいことがあげられます。

痛みや不快感を感じたら、まず手の安静を保つため過度に手を動かすことを避け、早めに専門家へ相談することが大切です。

いっきゅう鍼灸整骨院のドッケル病に対する治療

当院では、まず最初に痛みを取り除き、少しでも日常生活を不自由なく過ごせるように、手技療法を中心に、鍼・超音波などを組み合わせ治療を行います。

そして、根本改善を目指し、今後同じ症状がでないよう、

いっきゅう式全身姿勢・骨盤矯正で体のバランス、骨格を整えていきます。

ドッケル病のお悩みは当院にお任せ下さい

いっきゅう整骨院では、症状の原因を分析し、身体本来の機能を取り戻す治療を行います。

当院へ通いながら病院の通院を続けることもできるので、より早い回復をのぞむことも可能です。

少しでも違和感を覚えるときは、いっきゅう整骨院におまかせください。より早く貴方の症状が改善できるように、スタッフ一同全力で施術に取り組みます。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m