ゴルフ肘について

ゴルフ肘

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘の主な原因は、無理な体勢でのスイングです。力を抜いたスイングなら肘にも負担がかからず、痛みを感じることはありません。

しかし肘がつっぱった状態や力を入れすぎている、またグリップを強く握りすぎているなど全体的に力が入っていると、肘に負担がかかってしまいます。

基本的に力を抜いた正しいスイングができていれば発症しないので、ゴルフ肘は始めたばかりの初心者に多い症状の一つとされています。

ゴルフ肘の症状

ゴルフ肘

ゴルフ肘は肘の内側にある上腕骨内側上顆部の内側に起きる炎症が原因で、症状としては特定の動作をしたときのみに痛みを感じるものです。具体的な症状は腕の曲げ伸ばしや手を握ったときなどに、一瞬だけ痛みが走ります。

通常は日常生活に来たすほどの痛みではありませんが、治療を受けずに放置しておくと我慢できないほどの激痛になります。

ゴルフ肘でお悩みなら当院にお任せください。

ゴルフ肘

ゴルフ肘の症状と原因は解明されており治療法も確立されています。
上記で紹介した症状でお悩みなら、西宮市にあるいっきゅう鍼灸整骨院にお任せください。
当院では、痛みや不調が出ている場所だけではなく、全体のバランスを診ていき、患者様お一人お一人の状態に合わせて無理のない範囲で施術を行います。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m