変形性股関節症について

変形性股関節症

変形性股関節症の原因

変形性股関節症は、生まれつき関節のかみ合わせが悪い臼蓋形成不全の人がなりやすい症状ですが、加齢による軟骨にすり減りや過体重等も関連しています。

変形性股関節症の症状

変形性股関節症

変形股関節症は症状によって前股関節症・初期・進行期・末期の4段階に分類されます。

臼蓋形成不全がある人を前股関節症、軟骨が磨耗し始めると初期股関節症、軟骨の摩耗がさらに進行すると進行期股関節症、骨が変形し始めると末期股関節症といいます。

変形股関節症の初期症状としては、立ち上がるときや歩き始めがつらかったり、正座や和式トイレの使用がつらかったり、階段の昇降時に痛みを感じる等があります。

変形性股関節症でお悩みなら当院にお任せください。

変形性股関節症

これらは大抵の中高年の人が持っている症状ではありますが、加齢のせいだとあきらめずにまずは受診してみることが大切です。

変形性股関節症でお悩みなら、西宮市にあるいっきゅう鍼灸整骨院にお任せください。
当院では、痛みや不調が出ている場所だけではなく、全体のバランスを診ていき、患者様お一人お一人の状態に合わせて無理のない範囲で施術を行います。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m