足底筋膜炎について

足底筋膜炎

足底筋膜炎の原因

足底筋膜炎(足底腱膜炎)は、足を使う運動や長時間の立ち仕事により、足の裏にある足底腱膜に負担がかかることが原因で炎症をおこします。

また加齢による筋肉の衰えにより重心が後ろに傾き、かかとの部分に負荷がかかりやすくなることが原因となることもありますが、足底腱膜自体が衰えることも炎症の原因となります。

そのほかにも体重が重い人や、靴が足に合っていないという場合にも足底腱膜に負担がかかって足底腱膜炎になることがあるのが特徴です。

足底筋膜炎の症状

足底筋膜炎

足の裏やかかとに痛みを感じる場合は、足底筋膜炎である可能性があります。
特に朝起きて立ち上がったときの最初の一歩のときに強い痛みを感じたりすることがあるのが特徴です。また、長く立ち続けていると足の裏が痛くなったり痺れたりすることもあります。

さらに足の裏の痛みのより無意識に重心をずらしていると、足やふくらはぎが疲れたりむくんだりすることもあります。もっとも多いのはかかとの痛みですが、土踏まずが痛くなったりすることもあります。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください。

足底筋膜炎

足底筋膜炎は、悪化すると安静にしていても痛むことがある疾患です。
上記で紹介した症状でお悩みなら、西宮市にあるいっきゅう鍼灸整骨院にお任せください。
当院では、痛みや不調が出ている場所だけではなく、全体のバランスを診ていき、患者様お一人お一人の状態に合わせて無理のない範囲で施術を行います。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

電話予約 ライン予約
  • 店舗
  • 営業時間

住所:〒662-0824 西宮市門戸東町2-4ファミリアル門戸1階

アクセス:門戸厄神駅スグ、徒歩3分圏内
JR西宮北口駅から1.4km
西宮中央病院前バス停から640m